事業内容

システムの開発1

システムの開発2

システムの開発3

これまで自動車の運転に関わる分野ではあまり注目されて来なかった、高齢者の認知症などに起因する運転能力の変化(衰え)に関し、医学・工学・心理学等の分野を中心とする研究開発を行い、高齢者向けの運転適性確認を始めとする運転能力向上のためのシステム開発を行っています。
今後ますます進む高齢社会における交通事故やトラブルを未然に防ぐ手法を開発し「高齢者(65歳以上:WHO定義)の安全な運転」、「高齢運転者の活性化」を目指すとともに、自動車交通社会全般の安全向上に寄与します。

ブレインメイトでは平成22年12月より、鳥取県倉吉自動車学校と大阪府八尾自動車教習所において、鳥取大学医学部教授浦上先生の協力を得て、誰もが簡単迅速に『物忘れの度合い』に気付いていただける「物忘れ相談プログラム」を試験的に導入しました。画面にタッチするだけで簡単に物忘れの度合いが数値化され、自身で評価が可能となります。
浦上先生によれば、アルツハイマー型認知症は早期に発見し、早期に治療を開始すれば進行を遅らせたり、予防や治療につなげることができるとのことです。
また、八尾自動車教習所には「ドライバーズドックシステム」も設置し高齢者や教習生の運転適性をチェックしています。
これらのシステムをさらに高度化し、高齢者の安全・安心な運転に役立てていきます。

認知症の早期発見と予防に関する普及啓発事業

JAF Mate

自動車運転における高齢者の認知症問題を多くの人々に理解していただくため、書籍の企画・展開をはじめ、様々な媒体への認知症関連記事の掲出活動を行っています。

詳細はこちら

物忘れ相談プログラム MSP-1100

物忘れ相談プログラム MSP-1100

アルツハイマー型認知症を見つけるのに最も重要かつ最少の質問で構成され、タッチパネルでの対話方式で短時間(結果表示まで約5分)で実施できます。
感度96%(疾患がある場合陽性となる割合)、 特異度97%(疾患がない場合、陰性となる割合)と高い信頼性を実現し、操作に特別な資格は不要です。
さらに、低得点者にはTDASプログラム(認知症評価スケールADASを一部改変し、タッチパネル化)や、認知機能向上プログラムも用意しました。

詳細はこちら

メールでのお問い合わせ

下記のHPもご覧ください。

  • 鳥取大学医学部 生体制御学 浦上研究室
  • JAF MATE
  • NPO法人 高齢者安全運転支援研究会
  • 日本認知症予防学会
  • どなたも無料でご利用頂けます。 日本医科大学 街ぐるみ認知症相談センター